「信頼され選ばれる京王自動車」をモットーに今日も走る

京王自動車株式会社

Recruit

タクシードライバーの1日

タクシードライバーのとある1日を紹介します。

タクシードライバーの1日

  • AM7:30
    出勤、車両点検、出庫点呼(アルコールチェック)

    まずは1日乗る車の点検から。基本中の基本です。
    準備が出来たらアルコールチェックをし、出庫点呼を受けます。
    大事なお客様をお送りする仕事ですから、万全の状態で乗務出来るよう、健康管理も大事な仕事です。

  • AM9:00
    営業

    都区内、京浜地区の場合は、主に流し営業=お客様がいるポイントを走ります。時間帯に応じて住宅街や病院周辺で営業したり、有益なポイントを考えながら営業します。

  • AM12:00
    お昼の休憩

    休憩は営業所でお弁当を食べたり、駐車場のあるレストランで食べたりとさまざま。
    仲間と談笑してリフレッシュなんて場合も。

  • PM3:00
    営業

    多摩地区は主に駅の乗り場での営業です。駅から会社、病院やご自宅までなど…色々なお客様をお送りします。無線営業も多く、ご自宅や会社から駅まで、病院からご自宅までなど地域の身近な足として活躍します。

  • PM7:00
    夜の休憩

    夜から深夜にかけてもお客様が多くなる時間です。「疲労」は安全運転の妨げになりますから、しっかり体を休め、燃料も満タンにして、深夜の営業に備えます。

  • PM11:00
    深夜営業

    深夜帯はタクシーが活躍する時間です。無線センター経由の依頼も多く、高速道路を使う遠距離の仕事もあります。
    また、車内カメラを初めとした防犯設備もあり、深夜でも安心して営業ができます。

  • AM4:00
    帰庫・点呼・納金

    安全運転で無事営業をおえたら点呼を受けて、1日の売上げを納金します。
    先輩や仲間と1日の営業について話をしたり、時にはアドバイスを受けて、次の勤務につなげます。

TOP