タクシードライバーという仕事のメリット・デメリット

車を安全に運転することや、土地勘に自信があるといった理由から、タクシードライバーという仕事に興味を持つ方も多いのではないでしょうか? でも、タクシードライバーという仕事のやりがいやどんなことが大変なのかをご存知でしょうか? 意外と知らない方も多いでしょう。そこで今回は、タクシードライバーという仕事のメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

タクシードライバーとして働くメリット

タクシードライバーとして働く主なメリットは以下の通りです。

時間の融通が利きやすい

最大のメリットは、時間の融通が利きやすいという点です。タクシードライバーは、基本的に1日の最初と最後に営業所へ寄る以外は、シフトで決められた時間は自分のペースで働くことができます。休憩時間の取り方も自分で決めることができるため、勤務時間が細かく決められているほかの仕事と比べると自由度が高いのが特徴です。

また、タクシードライバーの勤務スタイルは、丸1日働いて翌日休みというのが一般的。そのため、ひと月の休みが多いことを魅力と考える方もいるようです。

ひとりで仕事ができる

会社勤めをしていると、上司や先輩に気をつかったり、後輩の面倒を任されたりといった人間関係を煩わしく感じる人も少なくありません。その点、タクシードライバーは個人行動が基本ですから、会社勤めならではの人間関係のトラブルを心配する必要はありません。現代人の多くが感じる人間関係のストレスを感じることも少ないのが魅力です。

タクシードライバーとして働くデメリット

一方で、タクシードライバーとして働くデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

給料が歩合制

タクシードライバーの給与形態は「歩合制」が一般的。仕事の成果がそのまま給与に直結するため、人によっては歩合部分が稼げずに苦労してしまうというデメリットも。とはいえ、がんばればがんばった分だけ稼ぐことが可能というのが「歩合制」の魅力でもあり、自分のがんばり次第ではそれがメリットとなることも少なくありません。

交通事故のリスク

車に乗っている時間が多いため、オフィスワークの仕事と比べると当然事故に遭う確率は高くなってしまうというデメリットもありますが、国土交通省による運輸安全マネジメントの実施など、安全への取り組みは各所で積極的に行われています。また、ドライバー自身が「絶対に無理な運転をしないこと」、「こまめに休憩を取ること」を徹底することで、事故のリスクを減らすことも可能です。

不規則な勤務

タクシードライバーは朝から深夜まで長時間勤務するため、今まで昼間働いていた人から見ると生活リズムが不規則になります。最初はきついかもしれませんが、休憩時間や明け休でしっかり体を休めることで順応することができます。

転職をお考えの方は、この記事を参考にぜひタクシードライバーになることもご検討くださいという流れで締めます。

京王自動車の採用特設ページはこちら

関連する記事はこちら

TOP